ドラマ時をかける少女(時かけ)第2話視聴率とみんなの感想

ドラマ「時をかける少女(時かけ)」第2話視聴率とみんなの感想は?

ドラマ「時をかける少女(時かけ)」第2話視聴率みんなの感想
を詳しく見ていきましょう。

2016年版ドラマ時をかける少女
画像:2016年版ドラマ時をかける少女

時をかける少女(時かけ)第2話視聴率とみんなの感想

時をかける少女(時かけ)みんなの感想
見て第2話視聴率の発表です。
(だましではありません。感想の下に視聴率速報発表しております。)

みんなの感想で視聴率についてもお聞きしていますので、
ぜひ、第2話の視聴率がどれくらいであったか、予想してみてください。

時をかける少女(時かけ)第2話みんなの感想と視聴率について1

時をかける少女(時かけ)第2話の視聴率に関してとみんなの感想お1人目です。

時をかける少女第2話は全体的に話が薄っぺらく感じ、
はっきり言って「おもしろくない」という感想です。

いきなりキスするのも唐突過ぎて意味が分からない。

肝心のメインのエピソードも、
以前あったドラマと似ていて初っ端から冷めてしまった。

先生と生徒の恋愛というのも、
共感できないし、よくわからなかった。
せっかく5話しかないのだからもったいないと思った。

視聴率ですが、前回の初回は、話・内容の割には高めだった感じがしました。
今回の第2話の視聴率は6%位まで下がるんじゃないかと思った。

時をかける少女(時かけ)第2話視聴率とみんなの感想2

時をかける少女(時かけ)第2話の視聴率に関してとみんなの感想お2人目です。

「時をかける少女」2話を見た感想です。

原作に忠実だったNHK版をリアルタイムで視聴した世代の私には違和感しかなかった
1話を乗り越え2話は『こういうのもアリかな?』と思える展開でした。

非日常の出来事を、すんなり受け入れて能力を使い放題の主人公や
現代人にしか見えないイマドキ風の未来人登場で、
タイムトラベラーを扱った別物と思うことにしたからです。

変えられない過去に行き、運命を知らない少女の気持ちを
遺そうとするのは切ない行動でした。

お節介な印象は拭えませんが、主人公芳山未羽(黒島結菜)の性格が明確に見えてきました。

翔平が食事をするシーン、息子だと信じこみ楽しそうな会話は、
ほっこりしました。

ただ、結末を想像すると悲しいシーンでもありました。
視聴率に関しては特に興味がないです。

時をかける少女(時かけ)第2話視聴率とみんなの感想3

時をかける少女(時かけ)第2話の視聴率に関してとみんなの感想3人目です。

時をかける少女は、アニメ映画を再放送で見た覚えはあるのですが、
あまり内容を覚えておらず、今回の2016年版ドラマ時かけ1話目の冒頭
を見た時、なんでこんな状況から始まるのか意味が分かりませんでした。

テロップで、深町翔平(ケン・ソゴル菊池風磨)達が来てから「1か月後」などと
入れておいてくれれば、もっとすんなり理解できたかもしれません。
子供が脳みそ食べないで・・・と言っていたのも何でだろうと思っていました。

時をかける少女2話目を見て初めて、あぁ、そういうことだったのか。
と納得しました。

ヤフーか何かのニュースで、視聴率が伸びなかった理由に、
冒頭3分で意味がわからず、離脱した人が多かった、
現代風すぎるなどと分析されていました。

いろんな感想を見ていると、今までのコアなファンのガッカリ度が
半端なかったようですね。現代風に改変しすぎだったり、
せっかくの原作の良さが台無しにされてしまったなどというのが
ありました。

評価は5点満点中
せいせいするほど愛してるが2.65点(281人中)に対して、
時をかける少女(時かけ)は、2.06点(197人中)という結構低い結果でした。

今までの原作を知らない分、ある程度おもしろくみることができましたが、
みなさんの評価はあまりよろしくなかったですね。
あと全5回なので、あと3話で終わってしまうようですが、続けてみる予定です。

時をかける少女(時かけ)第2話視聴率とみんなの感想4

時をかける少女(時かけ)第2話の視聴率に関してとみんなの感想4人目です。

うーん、22世紀って自由に恋愛できないで、遺伝子適正結婚なんですね。
子孫繁栄のために、一番いい組み合わせでコンピューターなどで選ばれる
んでしょうね。恋愛の楽しみはないですが確かに効率的ですよね。

ただ、深町翔平は、現代に来て恋をするわけですので、
やっぱり効率化ばかりを重視して楽しみがなくてつまらない世界なのですね。

古き良きを求めて、タイムトリップ?タイムリープ?タイムトラベル?
してきたのでしょうね。うーん、タイムトラベルとか、
タイムトリップとかは聞いたことがあるけれど、
タイムリープというのはあまり聞いたことのない言葉でした。

1話は突然よくわからないシーンから始まって、
意味が分からなかったですが、時をかける少女(時かけ)第2話になって
だいぶ解決してきました。視聴率10%位行くんじゃないでしょうか?
次回も楽しみです。


時をかける少女(時かけ)第2話の視聴率はどうだった?

時をかける少女(時かけ)第2話の視聴率はどうだったのでしょうか?
第1話視聴率は、9.4%(16/7/9) …初回はまあまあの結果でした
第2話視聴率は、6.6%(▼2.8%)(16/7/16) …初回は拡大放送でした

土日祝日は、視聴率発表のリサーチ会社がお休みですので、
7/19(火)に第2話視聴率速報が発表されました。

初回はなかなかいいスタートが切れたのですが、
1話に引き続き、2話の感想を見てもどうも不評であり、
視聴率も心配していましたが、やはりよろしくない結果でした。

★http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160719-00000076-nksports-ent

プロ野球オールスター戦の第2戦が行われ、試合が伸びて放送時間が被った。日本ハムの大谷翔平投手(22)が本塁打を打つ活躍でMVPとなるなどの影響もあったとみられる。
と、ニュースサイトで分析されていましたが、
本質はそこではないと思っています。

今までの時をかける少女(時かけ)のドラマや、原作や小説、アニメのファンの方
からすると今回の2016年版の時をかける少女(時かけ)は、
結構ガッカリした内容との声・感想があがっているためです。

本当のところは、野球などの影響はあまりなく、
時をかける少女(時かけ)1話を見て、がっかりして
時をかける少女(時かけ)の2話を見なかった方が
多かったのではないでしょうか。

西岡くんだったかな?が心臓移植で、心臓の持ち主記憶が移ったのではないかと言うのは
あのマンガのパクリかな?って思いました。

私的には、初回で謎だった部分も2話で明かされて、
結構良かったと思うのですけどね。


以上、時をかける少女(時かけ)第2話視聴率とみんなの感想
でした。


最後までご覧いただき、ありがとうございました。


関連記事:
★ロケ地
ドラマ時をかける少女時かけロケ地沼津の夜景展望台公園はどこ

ドラマ時をかける少女第4話ロケ地翔平と未羽デートの遊園地はどこ

浅倉吾郎の実家床屋バーバー浅倉ドラマロケ地時をかける少女2016

じゃんけんしていた階段ロケ地どこ?ドラマ2016時をかける少女

ドラマ2016年時をかける少女第1話ロケ地未羽憧れ大学生のコンビニ

お好み焼き屋りぼんロケ地ドラマ2016時をかける少女

幻の魚リュウグウノツカイ発見海岸ロケ地ドラマ2016時をかける少女

ドラマ2016年時をかける少女第1話ロケ地未羽の高校やお祭り神社


ドラマ時をかける少女(時かけ)全5話で早い最終回は打ち切り?本当の理由

ドラマ時をかける少女初回1,2,3,4,5話最終回再放送,無料動画オンデマンド

ドラマ時をかける少女(時かけ)第5話最終回視聴率とみんなの感想

時かけ第5話最終回あらすじ未羽翔平吾朗の結末ドラマ時をかける少女

ドラマ時をかける少女(時かけ)第4話視聴率とみんなの感想

ドラマ時をかける少女(時かけ)第3話視聴率とみんなの感想

ドラマ時をかける少女(時かけ)第2話視聴率とみんなの感想

ドラマ時をかける少女(時かけ)初回第1話視聴率とみんなの感想

ドラマ時をかける少女全5話なのはなぜ?5話で完結する?理由は?

時をかける少女主題歌AKBオープニング曲名LOVETRIPや歌詞PVMV

ドラマ時をかける少女主題歌エンディングNEWS曲名や歌詞PVMV

2016時をかける少女主題歌エンディングエンディングテーマの感想

2016年版ドラマ時をかける少女キャスト・主題歌・放送日詳細は?

ドラマ2016年版時をかける少女[主題歌エンディングテーマ]曲名決定!

★キャスト記事
時をかける少女2話ゲストミホは高月彩良矢野先生好き恋する少女

時をかける少女2話ゲスト西岡君は森永悠希高所好き心臓手術

浅倉唯は猫背椿-浅倉吾郎のお母さん・母

浅倉努は田口浩正浅倉吾郎のお父さん・父

松下圭太は五十嵐陽向りぼん松下由梨連れ子

松下由梨は野波麻帆お好み焼き屋三浦浩妻

芳山香織は安蘭けい主人公芳山未羽の母親

芳山恭司は小松和重主人公芳山未羽の父親

三浦浩は高橋克実お好み焼き屋りぼん店主

前川陽子はゆいP(ゆいぴー)-藤浦東高校の養護教論

ネットアイドル大西敦美は八木莉可子(やぎりかこ)

えりちん木下は三浦透子-高校3年チャラ男好き少女

おじょう寺崎(古畑星夏)

深町翔平(未来人ケン・ソゴル菊池風磨)

未来人ゾーイ(吉本実憂)

未羽の担任矢野和孝(矢野先生・加藤シゲアキ)

未羽の同級生浅倉吾郎(竹内涼真)

主人公ヒロイン芳山未羽(黒島結菜)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)