エンジェルハート高畑稔(鳥羽潤)と綾音(あやな)のあらすじや感想4話1

ドラマエンジェルハート4話-高畑稔(鳥羽潤) テレビドラマ

エンジェルハート4話あらすじや感想について

ドラマ「エンジェルハート」4話あらすじや感想についてみていきましょう。
この4話では、原作にも登場する、鳥羽潤さんが演じる、
高畑稔(たかはたみのる)」が登場します。
あとは4話で重要なのが、
高田里穂さん演じる綾音(あやな)さん。

よろしければ、
ドラマエンジェルハート1話・2話・3話相関図とキャストが発覚
と共にご覧になられると、いっそう、
ドラマ「エンジェルハート」4話の内容
が、分かりやすくなると思います。

前記事:ドラマ「エンジェルハート」3話あらすじやネタバレ・感想(槇村兄槇村秀幸登場)

ドラマ「エンジェルハート」4話感想含むあらすじその1

それでは、ドラマエンジェルハート4話のあらすじ
を見ていきましょう。

冴羽リョウは、シティーハンターの再開を決意する。
シャンインはこの時点ではやらないようだ。
シンホンは、ほっとしていた。

ミキは、冴子が色々手を回し、近くにある児童養護施設にて
面倒を見てもらえることになった。

エンジェルハートミキちゃんとファルコン。喫茶エンジェルハートにて
画像:エンジェルハート

ミキは鍵を渡されているので、いつでもファルコンに会う
ことができるようになった。

(100円貯金箱ハンマーがありました!画像はこちら)
エンジェルハート100tハンマーならぬ、100円(¥100)貯金箱
画像:エンジェルハート

皆がそんな会話をしていると、ある一人の男性が訪れる。
XYZ(依頼の合言葉)を口にする。
ドラマエンジェルハートXYZ(依頼の合言葉)を口にする高畑稔
画像:エンジェルハート

依頼内容を聞くと、心臓の病気で、自分に心臓を
提供してくれた家族にお礼がしたいというのだ。

街にて、偶然すれ違った女の人を見た瞬間に、
心臓がバクバクしたので、その女の人の素性を調べ、
キャバクラかバーかよくわかりませんが、
女性が、会話とお酒をお客に提供するお店にて
働いていることをつきつめ、1度訪れたらしい。

また、その人にあってから、その女性の小さい頃の
夢を良く見るようになったらしい。

詳しい事情を調べてもらうのと、用心棒のために、
冴羽リョウに依頼したのだと思うのだが、
自分でそこまで情報がわかっているのであれば、
そのまま自分で解決できそうなものだが、
謎である。

冴羽リョウとシャンインと男性はその女性がいる
キャバクラ?かバー?を訪れる。
冴羽リョウは、その女性をみるやいなやもっこり美人!
と絶賛する。
そんな冴羽リョウを、シャンインが静止するも、
シャンイン自体は自覚がないようで、あわてる。

会計の際、あきらかにぼったっくりの料金を請求される。
以前、この男性が店を訪れた際ににちんぷんかんぷんな
事を言われて、嫌気がさしてもう来ないようにとの
金額提示なのかもしれない。

ビールが5本と、お茶を飲んだだけで200万円!
請求書を見てリョウは、払えねぇなというと、
用心棒の男性らがあわられてつかみかかるも、
ばんばんとやっつけてしまうのだ。

だが、途中で、その男性は、もういいですと、
200万を財布から出してぱっと支払う。
あっけにとられる、リョウたち。

ドラマ「エンジェルハート」4話感想含むあらすじその2

店を出るときに、リョウが「あんた何者なんだ?」と聞く。
その男性は名刺を見せて自己紹介するのだが、
名は高畑稔(たかはたみのる・演:鳥羽潤)、
誰もが知る大企業の社長であった。

その後に、高畑と、女性は同伴(店へ行く前に店の外で
デートみたいに会うこと)するのだが、好きなものがおでんで
あり、からしが苦手で、しかもあだ名まで知っていたため、
気持ち悪がられてしまう。

リョウの調査によると、例の女の人は、
源氏名(お店の名前)が綾音、本名をあやなといい、
実家の両親は街工場をやっていて多額8000万もの借金を
かかえているというのだ。

親の借金を支払うため、親には内緒でぼったくりバー?
ぼったくりキャバクラ?にて働いているのだそうだ。

姉がおり、15年前、山で足を滑らした事故にて脳死状態。
ドナー登録がしてあったために、臓器が提供されたとのこと。
エンジェルハート綾音(あやなさん)姉の倉本沙織さん(16歳)崖から転落事故の記事
画像:エンジェルハート

それを聞き、高畑稔(鳥羽潤)は、自分の今の心臓の提供者
この綾音(あやな)さんのお姉さんがだと確信するのです。

たびたび、心臓の臓器提供者の寿命はそれほど長くないと
話すシーンがありましたが、高畑はこの時もう既に
自分の命が長くないことを自覚していたようなのです。

それで、ドナーのご家族に今まで命をいただき、幸せで
あったと伝えるためにリョウに依頼したのであった。

エンジェルハート高畑稔(鳥羽潤)と綾音(あやな)のあらすじや感想4話1まとめ

ドラマエンジェルハート4話のあらすじ
感想、高畑稔(鳥羽潤)と綾音(あやな)さんを見てきました。

まず、幸せの女の子みきちゃんは、何とか施設にて
面倒を見てもらえて、学校にも行くことができよかったです。
話を聞くと、この点、原作とは違うようですね。
ファルコンの家にて、すむことになるんだとか。

私がこの回を見ていて、ちょっとひかかったのは、
この依頼って、シティーハンターに頼むような案件なの
でしょうかね?高畑稔(鳥羽潤)さん、自分で綾音(あやな)のお店を
見つけているし、訪問もしている。

以前も怖そうな用心棒達に脅されたのでしょうかね?
それとも、ストーカーみたいについてきて、
色々聞いてきたり、変なことを言って出入り禁止に近い
形になってしまったからなのでしょうかね?

リョウに、倉本あやなという本名のこと、
倉本沙織さんというお姉さんがいたこと、
実家のこと、借金をかかえて
いることなど、いろいろ調べてもらいましたが、
普通の興信所の依頼の範疇ですよね。

200万円すぱっと払ってしまう高畑稔(鳥羽潤)さん。
あやなさんの収入の足しになればと思い、すぱっと
支払ったらしいのです。高収入の社長さんは、
いろんな意味ですごいですね。
 
 
この続きは、こちら
エンジェルハート高畑(倉本沙織)のメッセージとあらすじ感想4話2
になります。
 
 

関連記事:
ドラマ「エンジェルハート」3話あらすじやネタバレ・感想

ドラマ「エンジェルハート」2話あらすじやネタバレ・感想

ドラマ「エンジェルハート」1話あらすじやネタバレ・感想

ドラマエンジェルハート1話・2話・3話相関図とキャストが発覚

コメント

タイトルとURLをコピーしました