オトナ女子あらすじ【5話2】亜紀(篠原涼子)高山文夫(江口洋介)とキス

オトナ女子5話のあらすじ後半ですが、
中原亜紀(篠原涼子)高山文夫(江口洋介)とキス
をしてしまうようです!注目の回ですね。

ドラマオトナ女子あらすじ【5話2】
画像元:オトナ女子フジテレビ公式

こちらの記事は
オトナ女子あらすじ【5話1】亜紀(篠原涼子)猫ちくわや池田とキス
の続きです。

ドラマ「オトナ女子」の5話あらすじ2

ドラマ「オトナ女子」の5話のあらすじの続きです。

中原亜紀(篠原涼子)は猫のちくわちゃんで、
何度もキスの練習をしていましたね。


坂田みどり(鈴木砂羽)が、息子の不祥事(妊娠)のことで
相手の両親に謝りに行く。
「これだから母子家庭は・・・」と言われる。
オトナ女子坂田みどり(鈴木砂羽)が、息子の不祥事(妊娠)のことで謝罪
画像元:オトナ女子フジテレビ公式

母子家庭なめんなよ!と帰り際に。そんな時、携帯にて
沢田健太(千葉雄大)先生に呼ばれる。3男が怪我したと。
学校にて、いじめられているようだと。
この前は何も無かったと。これから連絡を密にしましょうと。

亜紀と高山は喫茶店にて、仕事と恋愛の話をする。
いつまでも気を使いすぎていると。
思いっきり甘えてみたらどうかとアドバイスされます。

そんな時、仕事にてトラブル発生。
アプリの紹介イベントでのパンフレットの値段が間違っている
とのこと。なんとイベントは明日なのだ。

急いで印刷屋に訂正シールを発注印刷してもらう。
みんなと仲間で作ったアプリのことだから、みんなでやれば
何とか間に合うよと。

その帰りに、栗田純一社長(谷原章介)から、
大崎萠子(吉瀬美智子)と知り合いの男(レンタル彼氏)のことを
聞かれる。どうやら、ずいぶん気にしていたようだ。
大崎の、嫉妬させるという計画はうまくいっているようだ。

だが、後日、
栗田社長と大崎はバーで飲んでいるときに、下手な小細工
をしていたことがばれてしまう。君って結構めんどくさい人だね、
もっと大人かと思ってたといわれてしまい、とまどう大崎。

オフィスに戻る亜紀は、チームメンバーが、勝手に仲間にされて
もねぇとか、確認ミスなのになんで私たちがやらなきゃならない
のとか陰口をたたいているのを聞いてしまう。
複雑な心境の亜紀であった。

オトナ女子同僚に陰口を言われ複雑な心境の中原亜紀(篠原涼子)
画像元:オトナ女子フジテレビ公式

気を取り直して、何とか対応してくれるから、大丈夫になったと
嘘をついて、自分ひとりで作業することとなる。
途中でカッターで指を怪我したりしながら、陰口のことなど
思い返しながら作業をしていると、

前川亮介(吉沢亮)が、差し入れを持って手伝いに来る。

ドラマオトナ女子前川亮介(吉沢亮)が、差し入れを持って手伝いに来る
画像元:オトナ女子フジテレビ公式

一人で全部抱え込まないでくださいよ。
もっと甘えたほうがいいですよと言われる亜紀。

思わず涙を流す亜紀。

オトナ女子思わず涙を流す中原亜紀(篠原涼子)
画像元:オトナ女子フジテレビ公式

一緒に作業を手伝ってもらい、、
10000部ものパンフレットのシール貼り作業を終え、
夜遅く、自宅にて池田さんに電話をする。
池田さんも職場にて仕事をしていたようだ。

今の心境を伝えて甘えてみようとしたのだが、
うまくいえない亜紀。ひと段落したら食事をしましょうという
話で終わる。

悩みながら高山の喫茶手にに足を運ぶ亜紀。
こんな時間にどうしたのですか?と。
うまく甘えられなかったと相談する。

高山「あなたらしくないなと。そんな弱み出すなんて。」
「キスしましたよね?あなたが考える大人のキスの定義は?」

亜紀「濃厚で、相手の気持ちが伝わるような熱いキスで・・・
急いでなくて時間をかけて、何度でも何度でも・そんな感じです」

高山「勘違いしてますね。オトナのキスに、回数や時間は関係ない、
瞬間的で情熱的なものなんですと。」

頭でっかちなことばっかりで、なにもできないんじゃないですか?

といったところで、突然高山が亜紀にキスをする。

突然高山が亜紀にキスをする
画像元:オトナ女子フジテレビ公式

亜紀「何するんですか?」と言うと、

高山「言葉だけじゃないことを示したかったんです」と。

急いで立ち去る亜紀。

亜紀は、びっくりして、思わず口に手を当てる。
よほど衝撃的だったらしい。

オトナ女子中原亜紀(篠原涼子)は、びっくりして、思わず口に手を当てる
画像元:オトナ女子フジテレビ公式

高山は、まずかったかな・・・と考えているのか、
何を考えているかわかりませんが、複雑な心境のようです。

オトナ女子複雑な心境?の高山文夫(江口洋介)
画像元:オトナ女子フジテレビ公式

このあと、亜紀は歩きながら口をぬぐうしぐさをし、
色々なことを考えながら、家に?戻る

というところで、ドラマオトナ女子5話あらすじの後半は終わります。

オトナ女子あらすじ【5話2】亜紀(篠原涼子)高山文夫(江口洋介)とキスまとめ

ドラマ「オトナ女子」の5話のあらすじ前半を見てきました。
今回、前半では池田とのキスと、ちくわちゃんとのキス、
後半では、まさか高山とのキスでした。

さて、
亜紀は、部下の前川亮介(吉沢亮)とも親密度が高くなりましたが、
全然眼中にないのでしょうかね?
池田さんとの恋を選ぶのか?
それとも高山との恋を選ぶのか?

大崎は、レンタル彼氏と仲良くなるのか?
栗田社長とうまくやっていけるのか?
坂田は、沢田先生と息子のことで連絡をとっていくとの
ことですが、恋愛のほうは進むのでしょうか?

高山(江口洋介)さんとのキスって、本当にしたのでしょうか?
角度的に、していないように見えました。

今後どうなっていくのか?楽しみです。

 
 
次の記事は、
オトナ女子6話、あらすじと感想(仮)
になります。
 
 

関連記事:
オトナ女子5話篠原涼子衣装,夜や喫茶のグレー・黒色ロングコート詳細

篠原涼子のドラマ「オトナ女子」1話相関図やあらすじネタバレ感想1

オトナ女子の中原亜紀(篠原)ペット飼い猫の種類・名前は?ちくわ画像も

ドラマ「オトナ女子」出演者・キャストに平山浩行(池田優)想い人?

ドラマ「オトナ女子」出演者・キャストに斎藤工(山岡伸治役)恋人彼氏

ドラマオトナ女子主題歌は中島美嘉「花束」玉置浩二が作詞・作曲!

ドラマオトナ女子挿入歌はCrystal Kay何度でも動画と歌詞や発売日等

ドラマ【オトナ女子】本編の動画を発見(無料)!1話・2話~最終話



フォローする

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)