エンジェルハート5話あらすじ感想とお見苦しい点・お見苦しい所

エンジェルハート5話あらすじ感想とお見苦しい点・お見苦しい所について

ドラマ「エンジェルハート」5話あらすじや感想についてみていきましょう。
5話最後のテロップで出てきた「番組の途中お見苦しいところがあった事をお詫びします」で、
えっ?どこ?思われる番組の途中お見苦しい点・お見苦しい所
があります。あらすじ・感想とともにどこなのかも一緒に見ていきましょう。
パイランが行く、早川の故郷についての記述もあります。

よろしければ、
ドラマエンジェルハート1話・2話・3話相関図とキャストが発覚
と共にご覧になられると、いっそう、
ドラマ「エンジェルハート」5話の内容
が、分かりやすくなると思います。

前記事:
エンジェルハート高畑(倉本沙織)のメッセージとあらすじ感想4話2こちらが後半です

エンジェルハート高畑稔(鳥羽潤)と綾音(あやな)のあらすじや感想4話1こちらが前半です

ドラマ「エンジェルハート」5話感想含むあらすじその1

それでは、ドラマエンジェルハート5話のあらすじ
を見ていきましょう。

組の会長である早川が、部下の男性・女性と会話する。
ここは早川会長(岩城滉一)の自宅か、別荘であろうか。

街中で偶然にシンホン(三浦翔平)を見かけるその女性。

そういえば、シャンイン(三吉彩花)は、
前回の4話にて、シティーハンターをやると
決心したのでしたね。

サングラスをかけた、見知らぬ女性は、
喫茶店のキャッツアイにくる。
帰ろうとする女性を見た、シンホンは、
組織にいた頃の仲間であった「パイラン(前田亜季)」
だと。

パイランは、街中でシンホンと会話。
パイランを監視する怪しい男。

急いでその場を立ち去り逃げる「パイラン」。
をれを見かけるモッチーは、おかま友達に連絡する。
連絡を受けたおかま友達は、喫茶店にいて、
ミキちゃんが遊びに来ていた。

パイランから、あなたかわったねーといわれるシンホン。
実はリョウ(上川隆也)が師匠・お手本なんだと。
リョウが訪れ尾行されていることを伝え、
逃げる手助けする。

誰かに尾行され、逃げてきたリョウ、シンホン、パイラン
画像:エンジェルハート

2人の話によるとシンホンは、パイランに
すごくお世話になってことがあるみたい。

尾行されていた原因は、
半年前に早川の元へきたのであるが、
側近の者が、何か違和感を覚えるということで、
パイランに監視をつけていたようだ。

リョウと、早川の話によると、早川は、2年前の抗争で、
娘も亡くし、足を悪くして、車椅子状態とのこと。
パイランは、その亡くなった娘さんの生き写しなのだそうだ。
それで、怪しい感じはあれど、身近においているようだ。

早川会長は、他の組との抗争でどうやら、
命を狙われているようだ。
そして、その他の組は、レギオンの手下で、
パイランは、早川会長の命を狙う工作員だったことが
発覚する。
早川会長は、早川しゅんすけというようだ。

早川の自宅にて、パイランの監視をするリョウとシャンイン。
早川と話をするリョウたち。シャンインが香の心臓移植をうけた
ことを明かすリョウと社人に私にとってのパイランのようなものだなと
いう。

半年前、早川会長が乗った車が、ある女の子が目の前に血を出して
倒れているのを見つける。

エンジェルハート5話早川たちが倒れた少女(パイラン)を見つける。この後が「お見苦しい点・お見苦しい所」のシーン
画像:エンジェルハート
(上の写真のシーンの後が、「お見苦しい点・お見苦しい所」の
シーンかと思われます。もしかしたら、この後の煙の所かも)
(その筋の人たち独特の、汚い言葉がたくさん。)
「ば●やろう、●にてぇのか、この野郎、じゃまだ」
「どっかに●ててこい」足で、ひっくり返します。

急いで早川会長が降りて、
2年前に亡くなった「なお」と声をかける。
その女の子を助け、自宅に入れる。
女の子の話をするのだが、
事件に巻き込まれて怪我をしたのだと。

早川は女の子(パイラン)を助けて話をする
画像:エンジェルハート

早川はうすうす、工作員であることがわかっていたようだ。

昔の話を聞いたあと、リョウたちが話をするのだが、
実は、パイランは自分で腹を刺しもぐりこんだのだった。
だが、もぐりこむためではなく、シャンインと同じで、
もう任務が嫌になったようで、死のうと思ったようなのだ。

パイランは、腹を刺したあと、必死に早川に「生きろ」と
看病してもらい、任務よりも、親のように看病してくれた
早川に情がうつってきたようなのだ。

レギオン幹部より、早川会長の暗殺指令の実行命令が下る。
明日、決行せよと。シンホンが会長宅にて待っており、
パイランと話をする。パイランは自分には早川さんが必要であり、
レギオンから守るといい、シンホンには、
計画実行が1週間後と伝える。

だが、早川会長は、シティーハンターの冴羽とシャンインに
「XYZ」と言う。依頼内容はわからない。喫茶店にて、
計画の実行が明日であると聞いて驚くシンホンは、
リョウとシャンインと共に早川宅へかけつける。

多数の工作員たちが現れ、戦闘となる。

パイランは、工作員から早川を守るべく、
「あなたの死は、私の死です。ずっと守らせてください」
と語りかけるも、無理だと伝える。

実は、早川は、白血病だったらしく、リョウとシャンインに、
俺が死んだ後も、娘(パイラン)が幸福に生きていける
サポートをしてくれという依頼であった。

早川は、パイランに、自分がもう命の短いことを伝える。
なんと白血病であったのだ。

エンジェルハート5話早川とパイラン。この辺りが煙幕で「お見苦しい点・お見苦しい所」に該当するのかも
画像:エンジェルハート
(この辺りも、煙幕で「お見苦しい点・お見苦しい所」に該当の可能性)
(また、地域により22:50頃画像に乱れ(放送事故?)があったのも、該当の可能性)

もう一人の娘として、生きてくれと。

パイランは、早川自宅にて工作員によって仕掛けられた
爆弾に巻き込まれなくなったことにするようなのだが、
そううまくいくことはないですよね。

と思いましたが、レギオン会長は、
どうでもよいようだ。

パイランは、父、早川の故郷にて生きると手紙にてシンホンに伝える。
ロケ地「県立相模湖公園」

エンジェルハート5話早川の故郷(ロケ地:県立相模湖公園)にてパイラン1
エンジェルハート5話早川の故郷(ロケ地;県立相模湖公園)にてパイラン2
画像:エンジェルハート

彼女「シャンイン」を大切にしろよとも。

「お前も大切にしろよ。神からさずかった大切な娘を」
「かたい絆で結ばれていれば、十分家族だよと。」

エンジェルハート5話あらすじ感想とお見苦しい点・お見苦しい所まとめ

ドラマ「エンジェルハート」5話あらすじや感想についてみてきました。
5話でエンドロールで「お見苦しい点・お見苦しい所・・・」との記述がありました
みなさん、結構疑問に思ってたみたいです。

あらすじの中で、見てきましたが、
お見苦しい点・お見苦しい所に該当しそうなところといえば、
・パイランが早川の車の前にきて倒れた後の暴言シーンと、
・早川宅に、暗殺部隊がやってきて、使用した煙幕のせいで
白く、見え辛くなっていた
・地域によって、22:50頃画像に乱れがあった

シーンのどれかではないかと言う結論に至りました。

続きは
エンジェルハート槇村秀幸役キャストは葛山信吾!6話あらすじと感想
になります。

関連記事:
エンジェルハート高畑(倉本沙織)のメッセージとあらすじ感想4話2

エンジェルハート高畑稔(鳥羽潤)と綾音(あやな)のあらすじや感想4話1

ドラマ「エンジェルハート」3話あらすじやネタバレ・感想

ドラマ「エンジェルハート」2話あらすじやネタバレ・感想

ドラマ「エンジェルハート」1話あらすじやネタバレ・感想

ドラマエンジェルハート1話・2話・3話相関図とキャストが発覚



フォローする

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)